看護師の転職

注射器

看護師は人の命を預かる仕事であり、患者に寄り添い心身をサポートする大切な役割を持っています。 やりがいのある職業ですがその分過酷な部分もあり、多くの人が一時期職を離れたり他の病院に移るといった転職が多いことが知られ、全看護師の約7割が転職経験を持つとされています。 もはや転職は当たり前といっていい状況ですが、しかしその準備をおろそかにしてはならないのは当然です。 幸い看護師の求人は多く、一般職の全国平均求人倍率が1倍程度に比べて、看護師では3倍以上、地域によっては10倍近い高倍率を誇ります。 そのため求人数が多く、あまり吟味せず給与等の条件のみで選ぶ人も少なくないことから、いざ転職してからこんなはずではなかったと悔やむケースがかなり多いのです。 こうして失敗から転職を重ねていくと、どんどん条件が悪くなることも考えられます。 転職を考えた際には、必ずその理由を精査することが肝心です。 将来のキャリアアップを望むのか、給与は下がっても余裕のある働き方を望むのか、病院だけでなく治験などの新しい看護仕事を選ぶのか等目標を明確にすることが、失敗のない転職活動のまず第一歩なのです。

看護師求人情報を得る方法は、ハローワーク等の公的な紹介所、看護師仲間の紹介、民間の看護師求人サイトの3つが考えられます。 まずハローワークですが、これは一般職と同様情報量が少なく当たり外れが多いと言われています。 また、仲間同士の紹介は条件のすり合わせが難しく、こちらも失敗に繋がりやすいとされています。 こうしたことから、今一番人気があるのが看護師求人サイトの活用です。 こうしたサイトは人材紹介会社が運営しているため、登録するとコンサルタントがつき、条件にあった求人先の紹介やそのサポートをするなど、転職活動を全面的にバックアップしてくれます。 また、公開された情報の他に、非公開求人などの好条件な情報の提供もあるなど、今や求人サイトなしでは転職活動の成功はない、と言われるほど信頼を受けているとされています。